*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2017-02-25

自身三冊目となる本『雨宿りはパレード』発売開始!!そして1位獲得!!




 
 
こんばんは!
小川光一です!
 
この度はなんと、
3冊目となる僕の本
発売されました\(^o^)/
 
ぱちぱち!ぱちぱち!
 
 

 
 
・紙の本(オンデマンドって書いてあるやつ)
http://amzn.to/2ly4srW
 
・電子書籍
Amazonキンドル→ http://amzn.to/2lxVWcu
楽天kobo→ https://goo.gl/UjpgzF
他20ストアで順次発売
 
 
 
 
 
アフリカのエッセイ本です*
 
ウガンダ共和国に7年間通い続けて体験したこと感じたことを綴っています。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり。僕の喜怒哀楽が詰まりに詰まった一冊です。
 
 
 
電子書籍メインの出版社からの発売なので、今回はインターネット販売のみです。【紙の本(オンデマンドって書いているやつ)】はもう昨日から注文できます。早い人はもう今日にはゲットしているみたいですね!!【電子書籍版】は予約受付中で2/28から配信開始です。
 
 
 
ちなみに本の内容はこんな感じ。
 
 
―――――
『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
 
 
本書は、国際支援や防災教育に従事する青年がウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴った泣いて笑えるエッセイです。
 
「世界にはこんな人たちがいるんだ」
「自分の幸せについて考え直してみよう」
「もっと海外の人と交流してみたい」
「自分にできる国際支援を探してみようかな」
親御さんであれば、子どもについて振り返るきっかけに。夢を追っている方であれば、日々の努力に対するちょっとした刺激に。
読み手それぞれが、様々な想いで満たされる1冊です。
 
 
寄生虫の攻撃に、プロポーズの嵐。
人種差別の洗礼に、悲しみに暮れる木。
そして、雨宿りに彼が見つけた幸せとは……?!
 
 
【目次】
Chapter1 君の瞳にナイルパーチ
Chapter2 ンコミエオという魔法
Chapter3 23歳の教頭先生
Chapter4 嵐のように甘酸っぱい
Chapter5 雨水の紅茶
Chapter6 悲しみに暮れる木
Chapter7 ムズングのシュートは切なく青空を舞って
 
 
【購入者様への特典】
ガンダ語フレーズ集・特典編 付
 
 
登録情報
オンデマンド (ペーパーバック): 162ページ
出版社: ごきげんビジネス出版 (2017/2/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4908355525
ISBN-13: 978-4908355523
発売日: 2017/2/24
―――――
 
 
 
 
 
まず、タイトルは色々な意味を込めて『雨宿りはパレード』と付けました。僕は略して「あまぱれ」と呼んでいます。「あのさく」「いつ起きても」「あまぱれ」です。
 
あと、やっぱり目に引くのは、章タイトルかなあと思います。いつも変なネーミングをあれこれしてしまうクセがあるので、我ながら個性的な章タイトルが出揃ったと思います。
 
そして、購入者には特典として、ウガンダで話されるメジャー言語「ガンダ語」のフレーズ集をちょっとばかり出版社から配信しています。これは必要あるのか、ないのか、僕には分かりませんあなた次第です笑。
 
「7つの章ごとに僕の詩が付いてるのが見どころかもよー!」とか、言いたいことはたくさんあるんですけど、細かい話はまたその内小ネタとして、ツイッターかなんかで投稿していきたいと思います(`・ω・´)
 
僕がこれまでの7年間をどんな想いを抱えながら生きて来たかが分かる本です。もしよかったら、ぜひ読んでみてください*
 
(ここで唐突ですが、本の中では使ってないウガンダ写真を何枚か並べておきます笑。本を読み終わった後に、見てみると、「お!この写真もしかして!」と思うかもしれませんよ!)
 




 
 
 
 
 
それはそうと、
いま大変なことが起きているんです。
 
見てください!!
 
 

 
 
 
なんと、
Amazonさんの売り筋ランキング
ボランティア部門にて、
1位を獲得したのです!!
 
びっくり!!
泣いちゃう!!
 
ジャンル問わず存在する全ての本ランキングでも1000以内にランクインしてました。すごいいいい
 
 
あのさくは災害部門で1位取りました。いつ起きてもも防災部門で1位取りました。でも、ボランティア部門はさすがに無理だなって思っていたんです。だから、全く気にする予定じゃなかったんですけど、昨日の発売から、今日のこの夕方になっても、ずーーーーーーっと1位なんですよね( ゚Д゚)。。
 
 
友人からも「買ったよー」って
連絡がたくさん来ます。
 
いやあ、本当に本当に
ありがとうございます。
 
僕は仕事として、毎年のようにアフリカに消えるのですが、あまりそのことについて、知人に話さないんです。別に根掘り葉掘り聞かれたって普通に話せるんですけど、少なくとも自分から話すことはなくて。だから、みんな話をちゃんと聞いたことがなかった以上、この本は新鮮だったのかもしれないですね。
 
 
 
今回の本は滞在記のようなものですけど、
この7年間、実に色々なことがありました。
本には書き切れなかったり、書けなかったり。
 
そういう見せることのできなかった感情も全部ひっくるめて、たくさんの人に伝わって欲しい!って思います。
 
 
アフリカのことを書いてはいますが、
僕たちの人生のことでもあって。
 
この本を通して、
ウガンダ共和国のことを
知ってもらうと同時に、
 
自分の生きる道を
何かしら見返すきっかけに
なれば嬉しいです。
 
 
 
ってことで簡単ながら
新刊発売のご報告でした!!
  
あまぱれを
どうぞよろしくお願いいたします!!
 
 
 
 
小川光一
 
 
 
 
 
 
  
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============