*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2016-10-18

『ランタナの花』

 
 
 
こんばんは!
小川光一です!
 
ウガンダ帰国から1週間が経ちました。
今日はあるご報告をさせてもらいます。
 
 
 
 
 
僕今週末に引っ越します笑。
 
 
急でビックリですよね。
 
でも、実は今年の3月くらいから
引っ越しは実行に移そうとしていて、
 
場所に関しても三転くらいしてました。
それだけ慎重に選びました。
 
 
 
ちなみにどこに引っ越すのか、
国内か国外かさえネット上では
公表せずいこうと思います笑。
 
 
というのも、
引っ越し先の位置に関しては、
 
仕事の都合も関係はしているのですが、
精神面の療養というのが
一番の理由だからです。
 
つまりそっとしておいて
いただけると幸いです笑。
 
 
とりあえず、
「生まれ育った東京から
また暫く居なくなるよー」
っていう報告です。
 
 
 
 
 
もちろん東京を離れることで
問題は沢山あります。
 
色んな環境を維持できなくなるし、今まで積み重ねてきたものやプライドの幾つかを捨てる要素もあるので、正直不安は強いです。この選択は合ってるのかなあって。
 
 
 
 
  
ただ、人生って
 
どんな選択をしたとしても
この道を選んで正解だった
と思えるように
 
毎日を誠心誠意、
頑張って生きるだけだと
 
そんな風に僕は思っています。
 
 
 
 
 
 
 
自分の価値観で、他人の行動を批判する人ばかりの世の中です。
 
 
 
生産的なアドバイスは有り難いですが、ほとんどが状況や背景をしっかり知らない頭ごなしな批判だったりするから残念です。
 
 
 
 
広い視野で周りを見渡せば、本当に色んな人が色んな考え方を持って生きてます。
 
「自分の考えが正しい。周りもそう言っている。」なんて人は、大体同じような考え方の人しか周りにいないことが多いです。
 
安定こそ正義だと思ってる人の周りに安定志向の人ばっかり集まるのも、自由に生きようぜみたいな人の周りに旅人っぽい人ばっかり集まるのも、至極自然で仕方のないことではありますが。
 
 
 
でも、「お金より子どもたちのことで頭がいっぱいな学校の先生」がいたり、逆に「お金のことで頭がいっぱいな大手企業の社員」がいたり、「紛争地を回りながら幸せについて考え続ける若者」がいたり、本当に色んな人が色んな考え方を持って生きていて。
 
そんな中で、それぞれの道を本人たちが正解だと思えたら、それでいいじゃんって思います。何かを批判するパワーやそれに凹むエネルギーがもったいない。
 
 
 
例えば、「自分の娘が、自分より年上の年齢の人と結婚したい」と言って来たとしても、僕が親だったら応援しますよ。二人の話をよく聞いた上でアドバイスはするかもしれません、風当たりも強いでしょうし。その上で、娘とその人が自分たちの選んだ道を正解だったって思えるように頑張るだけのことです。
 
(例えば、いじめとか犯罪とか完全悪だった場合は強く批判して止めるべきですが、そうじゃないならそれは自分の価値観の広狭の問題が大きいかもしれません)
 
 
 
 
 
結局、
 
 
君の選択した道は
間違いだ
と言われたところで、
 
 
他の道の方が
もっと間違いだった
かもしれないし、
 
 
選んだ道以外の道は
もう分からないわけで。
 
 
それだったら
この道を選んで正解だった
って思えるように
頑張ることでしか
明日は変わらないわけで。
 
 
もし、このブログを読んでいる人の中に、自分の選んだ道に自信が持てなくなっている人や、自分の選んだ道をあーだこーだ言われて凹んでいる人がいたら、選んだ道が正解だったと思えるように、負けずに頑張って欲しいなあと思います。
 
 
もし、このブログを読んでいる人の中に、人の選択を批判してばかりの人や、批判この前しちゃったなあって人がいたら、アドバイスも大事ですが、暖かく応援してあげてくれたら嬉しいなあと思います。
 
 
だいぶ引っ越しの話から逸れたしランタナの花いつ出てくるんだよって思っている人も多いかと思いますが笑、僕もこの引っ越しを正解だったなと思えるように、これから楽しくがんばっていきたいと思います!という話でした(`・ω・´)
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に。
 
 
今回の引っ越しに、
不思議と協力的だった母親と
こんな一幕がありました。
 
 
ウガンダ共和国から帰国して、
撮って来た写真を見せてた時、
 
僕が唯一撮った花の写真を見て、
母親が叫びました。
 
 
 
 
 
「わ!ランタナじゃない?
うちのベランダにもあるわよ!」
 
 
 
「え!そうなの?
それ凄くない?」
 
 
 
確認したところ、本当に同じ花が
ベランダに咲いていました笑。
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
ちょっとした偶然ではありますが、
 
アフリカの山奥に咲いていた花が
実家のベランダにも咲いていて、
 
なんだか神妙な気持ちになりました。
 
 
そして、
急にランタナが好きになりました。
 
 
 
 
 
しかし、このランタナ。
 
花言葉の中に
「心変わり」という意味が
あるらしいです最悪です笑、 
 
 
ただ、
その一方で「確かな計画」という
意味もあるみたいです。
 
 
 
この引っ越しが
自分の人生の変化のポイントとして
大切なセクションになるように。
 
謎に引っ越しを応援してくれている
母親が心変わりしないように。
 
有意義な計画だった
と後々振り返れるような日々を
頑張って過ごしたいと思います。
 
 
そんな感じです。
 
 
 
 
 
 
最後まで読んでくださり、
ありがとうございました!!
  
 
ランタナの写真だけで
終わっても寂しいので、

アフリカの子供たちと
撮った写真でお別れ!!
 
 
 
 








 
 
 
 
 
 ・
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============